2013年03月08日

オー! AUSTIN SEVEN

2013  090.JPG
何とオースチンセブンがゴミ箱に!! セブン好きの私としては何とも複雑な光景でした。しかしジックリよく見ているとこれはこれでとっても良いオブジェにも見えてきました。とても馴染んでいて・・・。こんな使い方もあるものなんだなぁー!と感心させられました。実際80年以上も前のクルマなのだからそのままだったらもっと酷い状態ですよね。実はここは東京都世田谷区のエコスカーズというマニアックな英国車を扱うショップの店頭です。
さらに、ここの社長の金子氏はセブン好き! 愛情表現もいろいろありますね。ライトにちょこんと目玉が書いてあって、さすが!さすが! 究極です。

ビックリしたのは、他のクルマには見向きもせずこのゴミ箱セブンを黙々と写真を撮っていた女性がいたことです。アップで何十枚もパチパチと。ここまでいくともはやアートということですね。勉強になります!

2013  092.JPG
おまけ。ゴミ箱 Art AUSTIN SEVEN と AUSTIN A35  セブン30年後のオースチンです。こちらは1960年型。どちらも小さくて可愛い!ですね(・・・と思うのは私だけ?)
posted by sasaki at 15:31| クルマ・ガレージ | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

吉祥寺の不思議な猫の森

20130301003020833[1].jpg
今回は吉祥寺に“てまりのおうち”という店名の CAT CAFE のご依頼をうけ デザイン・設計から施工までお仕事させていただきました。
上の劇画風看板は“ぬくもりの森”リーフレットで施設の建物地図(鳥瞰図)を描いていただいた画家の足立典正さんにお願いし雰囲気を盛り上げています。

8499555661_ae19853cc6[1].jpg
店舗は吉祥寺駅北口より徒歩5分ほどの東急百貨店裏でスタバの広いオープンテラスや有名店舗の並ぶ繁華街にあるテナントビルの3階です(〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-14 武蔵フォーラムV 3F) 一階はチョコレートで人気のリンツ(Lindt)ショコラカフェ吉祥寺店です。

2013.02 015.JPG
広い階段を三階まで上っていくと可愛い外観の建物が現れ“不思議な猫の森”への入口にワクワク・・・。
重厚な古い木のドア(実は準防火地域なので木のドアは不可!とはいえ、ぬくもり工房としては鉄扉にエージングして古い木のドアに変身させてます)を開け中に。

2013.02 028.JPG
猫の足跡をたどって行くと受付ゾーンとなります。こちらで靴をぬぎ(猫に触りやすいように床に座るので靴をぬぎ・・。猫も人も嬉しい床暖房付!)
受付を済ませ、またまたおもしろいドアを開けると・・・。

2013  027.JPG
目の前に現れるのは、何とも奇妙な小屋? 建物の中にまた建物?・・・ そうです。建物の中にまた建物があります。ここは最上階で天井高が6.5m。空間的には充分です。(すみません、最後の片付け中の写真の為、残材や道具が写っています・・)
今回はこの広い空間よりご提案させていただいたメインテーマは「不思議な森の猫の国を造りましょう・・・!」でした。建物の中を不思議な森と見立て、高い吹抜けの天井は空と雲を描き、小さな照明を散りばめて星とし、壁は森の木々のイメージで素材を選定しエージングしました。また猫たちが森で探してきた(銜えてきた)材料で建物を造っていった想定です。森の中にあった古い木の祠(ほこら)にくっつけて猫たちが造った小屋という想定なので人工的な直線はどこにもありません中も外も全て曲がってます。この建物は今回の工事で一番複雑なフリーハンド複合三次元曲線を多用していて建築的にはとても難儀な造形です。・・・とまあ、建築的なややこしい説明はこの辺にして、理屈抜きで楽しい、可愛いたてものですね。こちらも中は客席です。

2013  061.JPG
祠の中は猿の腰掛風階段があり、猫が屋根上まで登っていける仕掛けとなっています。

2013  057.JPG
かまくら風の小屋もあります。中はやはり客席。丸く小さな空間でとてもリラックスできます。

2013  053.JPG
6.5mの吹抜けを貫く大木。大木の廻りにはカウンター席もあります。

2013.02 022.JPG
蛇口も若葉と根っこが・・・。他にも屋根にいん石?が落下して穴が開いていたり、猫の形をした小石が壁に埋め込んであったり・・・と楽しい発見もいっぱいありますよ! 

都会のビルの中の楽しくて不思議な森の世界。猫たちに癒されながら美味しいお食事やスイーツとお飲み物で心も体もリラックスできると思います。
というわけで皆さんぜひ不思議な猫の森へお越しくださいませ。4月上旬ひっそりと?オープン予定ということです。

今回のご依頼はお話しを頂きプランニング〜完成まで通常のぬくもり工房の工程の半分位のスケジュールで実行されました。しかも、不慣れな都会!でぬくもり工房の手仕事と・・・・。本当によい経験と勉強になりました。この経験を生かし今後もどんどん楽しい不思議な建築を作っていきたいと思います。

最後になりましたがこの場をお借りして、このプロジェクトに携わっていただきました職人さん、作家さん、監督・設計スタッフのみんなに心から感謝いたします。『 お疲れ様でした 』
そして、何より熱い想いのオーナー様ご夫妻にこのような夢のあるお仕事をさせていただきまして心より感謝いたします。『 ありがとうございました 』

      ぬくもり工房 佐々木茂良建築デザインアトリエ   佐々木茂良





posted by sasaki at 10:00| 建築 | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

不思議なツリーハウス“風の井戸” 家の中に井戸?

2012.08〜09 佐原様・岩本様・椎木様・梶川様 215.JPG
昨日、完成取材に行ってきました、体感型モデルハウ“風の井戸”
どうですか! この建物はジオパワーシステムという地熱を熱交換するシステムを採用したエコな住宅展示場です。地下の井戸水は夏、涼しく、冬は暖かい・・・のイメージですね。
さらに屋根には外観からは見えない設計で設置しましたソーラーパネルもあります。

こちらの会社様はそうしたエコを取り入れた住宅を販売しております
“株式会社 梶川建設”様です。
エコを取り入れながらも楽しくて自然で素敵な家を設計して欲しいとのご依頼で始まったぬくもり工房との協同プロジェクトです。

なにせこの外観!ですから、一体何が出来たのか??・・・とご近所で話題沸騰・・・。
とにかく一度ご覧いただければ、いろいろな体感ができますが、その前に簡単にご紹介します。


2012.08〜09 佐原様・岩本様・椎木様・梶川様 213.JPG
建物を貫通する枝! これはある意味ツリーハウス?



2012.08〜09 佐原様・岩本様・椎木様・梶川様 218.JPG
さらに屋根の上には魚?



2012.08〜09 佐原様・岩本様・椎木様・梶川様 221.JPG
さかなではなく飛行機です! これも風力発電装置となっています・・・! (すみません。実はこれは風力発電装置をイメージし造形で作りました。でもちゃんとプロペラも回り飛行機も風の向きに動く風見の役割はします!)


2012.08〜09 佐原様・岩本様・椎木様・梶川様 247.JPG
室内スナップ。センター型キッチンを採用し家族で、そして友人とワイワイ楽しく・・・。屋根付きテラスへも直ぐに出られます。
お食事の後はアールのコーナー出窓とベンチシートでゆったりとリラックスできます。

2012.08〜09 佐原様・岩本様・椎木様・梶川様 211.JPG
ジオパワーシステムについてパネルで解りやすく説明しています。
詳しくは、下記お問合せください。
0566-48-3688 http://www.kajikawa.co.jp/
愛知県碧南市天神町2丁目8番地 株式会社 梶川建設  様です。


2012.08〜09 佐原様・岩本様・椎木様・梶川様 212.JPG
昨日の外気温と地中温度。地下5メートルは年間通して快適温度という事です。地下5メートルまでパイプを埋めその温度と室内の温度を熱交換して年間通して快適な温度を室内に取り込む事が出来るシステムです。


2012.08〜09 佐原様・岩本様・椎木様・梶川様 230.JPG
再び室内。LDKから半地下に階段を降りると、なにやら薄暗い空間が・・・。


2012.08〜09 佐原様・岩本様・椎木様・梶川様 233.JPG
半地下には井戸があり覗くと涼しい地下からの風が・・・。とても爽やかな気持ちのいい風。
ジオパワーシステムは良いですね・・・。


2012.08〜09 佐原様・岩本様・椎木様・梶川様 260.JPG
窓からは爽やかな風も入り、とても気持ちの良い体験ができました。

皆さんもぜひ体感しに行ってみてください。

posted by sasaki at 08:33| 建築 | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

空飛ぶガーデンハウス!

2012. 08  山中湖伊藤様ドーナツハウス 005.JPG
山中湖のレストラン「森のアルム」様よりご依頼いただきましたガーデンハウスがついに完成しました。
こちらは山中湖とは程遠い弊社おんぼろ作業場での積み込み風景です。これは完成品をお届けするといったスタイルのハウスというわけです。弊社の陥没した造形?屋根のビンテージ(?)ファクトリー(ただのぼろ小屋!)にて徹底的に作り込み全国へお届けするスタイルです。と言っても弊社のそれは、本物の素材を使い妥協せずに作り上げるスタイルゆえ積み込みも運ぶのも なかなかこれが大変なんですね!

2012. 08  山中湖伊藤様ドーナツハウス 007.JPG
無事に山中湖畔まで到着です。写真の端に写っているのが山中湖です。とうとうここまで来ました。

2012. 08  山中湖伊藤様ドーナツハウス 012.JPG
湖畔をさらに走り目的地を目指します。それにしても家が走っているのは何とも不思議で面白い光景です。

2012. 08  山中湖伊藤様ドーナツハウス 016.JPG
無事に「森のアルム」様到着! 君臨している母屋様とご対面です。「お互いどんな気持ちなんだろう?・・・」とつい考えてしまいました。いずれぬくもり工房で作っているので兄弟みたいなものですね。

2012. 08  山中湖伊藤様ドーナツハウス 025.JPG
いよいよ設置作業開始です。空飛ぶ!・・・というほどではありませんが浮いていますよ・・(吊り上げれば勿論もっと飛んだ感はありますが、なにせ万一の事があれば苦労して作った作品が台無しになってしまうので遊んではいられません・・・)

2012. 08  山中湖伊藤様ドーナツハウス 032.JPG
作業は、慎重且つスピーディーに行われます。

2012. 08  山中湖伊藤様ドーナツハウス 039.JPG
無事着陸!!この時ばかりは飛行機の着陸のように拍手って感じでした。後は予め現場にて作っておいた基礎と連結し基礎部のお化粧直しをすれば完了!  簡単でしょう??
道中の揺れや振動にもビクともせず塗壁も石の瓦も他全て全く問題なし! ヘアークラックひとつ有りませんでした。やれやれ・・・・。

2012. 08  山中湖伊藤様ドーナツハウス 056.JPG
今回、納めさせていただきましたガーデンハウスは、いずれオリジナルドーナツのテイクアウトショップとして活躍します。どうぞお楽しみに。

2012. 08  山中湖伊藤様ドーナツハウス 075.JPG
ぬくもり工房独自のファンタジーハウスを全国の夢のある方々にお届けしたく開発しました工法と設置等ノウハウをお宅のお庭にもいかがですか。1日にしてパッと出現する可愛いビックリハウス?! 小さくても一棟一棟オリジナルで製作します。 ご近所で話題必至! ミニショップやガーデンハウスとして、きっと夢が膨らみますよ。 
楽しく可愛く夢のあるミニハウスは私も一押しです。どんなかたちのものでもサイズでも(といっても運搬できる大きさまでですが・・・)お造りできます。まずは何なりとお問合せくださいませ。私、佐々木が丁寧に説明させていただきます(今回かなり営業してます・・・!ちょっと力、入ってしまいましたがとてもお勧めなのでご勘弁を)。

2012. 08  山中湖伊藤様ドーナツハウス 058.JPG
レストラン棟とこんな感じで並んでいます。小屋を覗き込んでおられますのは、オーナー様。
ぜひ現物をご覧になりながら、美味しいお料理をお召し上がりください。
【山中湖畔のレストラン 森のアルム様 電話 0555-62-9677 です】
























posted by sasaki at 15:54| 建築 | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

ぬくもりの扉閉店セール!

いよいよ本日より、ぬくもりの扉閉店セールが始まります。長年コツコツと集めてきましたアンティークの建築資材をこれを機会に皆様にお使いいただきたく通常ではあまり無い50〜70・80%オフにてご提供させていただきます。セール終了後は、オリジナルのドアや家具を製作する工房として再スタートし全国の皆様にぬくもりのオリジナルテイストをお届けいたします。
今回が最後のセールとなるため、ぜひ一度、ご来店のうえご覧くださいませ。なかなか手に入らないものが、とてもお値打ち価格になっていますよ!
posted by sasaki at 05:55| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

龍舌蘭(リュウゼツラン)

ぬくもりの森から歩いて3〜4分の民家の庭先にリュウゼツランという不思議な名前の花を咲かせる植物があります。弊社マネージャーの夏目より教えてもらったのですが、何でも英語では、開花までに100年(=長い年月)かかるという意味で、センチュリープラント(century plant)と呼ばれているそうです。実際にはおよそ40年周期で花を咲かせる・・・との事。

いずれにしても、花の開花に居合わせた事は幸運な事。皆さんに開花の様子をお伝えしたいと思います。 

龍舌蘭・近田さんガレージ他 001.JPG

龍舌蘭・近田さんガレージ他 003.JPG

龍舌蘭・近田さんガレージ他 005.JPG

龍舌蘭・近田さんガレージ他 006.JPG

龍舌蘭・近田さんガレージ他 007.JPG

龍舌蘭・近田さんガレージ他 004.JPG

龍舌蘭・近田さんガレージ他 002.JPG

それにしても、不思議ですね。40年に一度?・・・という事は前回咲いたのは私が13歳の時という事??

近くに居ても全く知りませんでした。   灯台下暗し・・・ですね。

posted by sasaki at 13:59| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

東日本大震災で被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。

東日本大震災で被災された方々へ、心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々、ご遺族の皆様には深くお悔やみを申し上げます。




被災地におきましては、一人でも多くの行方不明の方々が救出され、一日も早くライフライン等が復旧することをお祈りいたします。

posted by sasaki at 07:45| お見舞い | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

ぬくもりの扉

今日1月6日は、ぬくもり工房建築部の仕事初めとなります。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

昨年の出来事で皆様にお伝え出来ていないお知らせをお伝えさせていただきます。
いずれも昨年秋の出来事ですが、私にとってはビックなお知らせです。

まず初めは、ぬくもり工房ショップ20周年に伴いオープンしました“ぬくもりの扉”です。
今頃、なに言ってるんだ!もう知っている・・・と言わないでください。
外壁に描かれた壁画の込められた意味や店内のブースの説明等、私の長年の想いをお聞きください。

2011.12 ぬくもりの扉 002.jpg
まずは、外観です。もともと本屋さんだった四角い建物。まず、お金をあまり掛けずにそれらしくする方法は無いか?・・・。元の色は白に赤のラインが入っていました。全体の形は変えずに色で表現する・・・となれば・・という事でぬくもりの森とも共通するぬくもりカラーでもあるベージュ色?とも考えましたが、形が形だけに一ひねり欲しい・・・!
悩みに悩んで結局グリーンとしました。森の緑とも掛け合わせてみました。
そして今回、挑戦したのは壁画です。コンクリートの巨匠ニチエー吉田社長のご紹介で、スプレーアートの橋口氏に想いを託しました。店名でもある扉をバーン!と書いてもらい扉屋である事を一目で解る!?ように・・。扉屋かどうかはともかくとして、なんだろう・・?とは思ってもらえませんか? 実は、私自身トビラが大好きで扉屋を開くのが20年来の夢でした。長年集めてきたアンティークの建築資材と共に今まで倉庫の片隅に置かれていた物達も一緒に皆さんに見てもらおう・・と、ぬくもりの森近くで物件を探していました。ぬくもりの扉という名前の意味のもう一つは、“ぬくもり”への扉・・扉を開けるとそこには“ぬくもり”がある・・・そんな扉や空間をご提案したい・・といった意味も込めました。


2010.11.25 ぬくもりの扉  002.jpg
上の絵は“ぬくもりの扉”北面に描かれた壁画です。
中央のひょろっとした建物は、イメージ上の“ぬくもりの扉”建物そのものが扉といった感じです。
そのお店に色々な乗り物で扉を買いに或いは売りに集まって来ています。
クラシックカーに何やらリヤカーのような物を付け買いに来たおじさんやらクラシックな複葉機で来た人もいます。ヘリコプターやはたまたUFOまで・・・・。トラクターで扉を売りに来た人もいます。
・・・と実際には無いシチュエーションも絵の世界では有り・・という訳で橋口氏に思いっきり遊んでもらいました。実は壁画制作最終日に橋口氏のアドリブでUFOが登場したんですが・・・!
とても楽しい壁画が完成し大満足しています。いろいろと無理難題に答えていただいた橋口さんには、この場を借りてお礼させていただきたいと思います。ありがとうございました。


2010.11.25 ぬくもりの扉  009.jpg
店内の様子です。


2010.11.25 ぬくもりの扉  012.jpg
照明コーナー。お値打ちで素敵な照明ばかりセレクトしました。今後続々と入荷予定です。


2011.  ボルボP1800S・ヒーレースプライト他 011.jpg
扉・窓コーナー。アンティークの物、オリジナルの物・・等など。お好きなデザインに製作も勿論おまかせください。扉に関しては特に力がこもります。


2010.11.25 ぬくもりの扉  016.jpg
ショーウインドーのコーナー。例えば、こんなお部屋もお造りいたします。イメージをお聞かせくださいませ。


2010.12 ぬくもりの扉 078.jpg
ガレージコーナー。“ぬくもりの森”内ガレージミュージアムでは販売していない古いオートモビリアもこちらでは販売しております。ぜひご覧ください。また、バイク屋さんのコーナーにこんなスペースはいかがですか? お店のイメージアップ間違いなしです。ちょっとしたスペースでも問題ありません。想いを形にさせていただきます。

2010.12 ぬくもりの扉 060.jpg
オイル缶各種。工具類。オイル缶の棚は“ぬくもりの扉”店長戸塚の力作。カッコいい棚も製作いたします。
2010.11.25 ぬくもりの扉 セブンガレージコーナー 2 021.jpg

2010.11.25 ぬくもりの扉 セブンガレージコーナー 2 024.jpg

2010.11.25 ぬくもりの扉 セブンガレージコーナー 2 030.jpg


2010.12 ぬくもりの扉 073.jpg
先ほどの壁画に登場しましたブルーのクラシックカーのモデルとなった1929年式オースチンセブン スポーツスペシャルもガレージコーナーにてご覧いただけます(このクルマは販売はしていません)


この店舗を通して今までご提案し難かった扉一枚からお部屋の模様替えやお家のリノベーションに至るまで建築スタッフが丁寧にご提案させていただきます。
“ぬくもりの森”へお越しの際は、ぜひ“ぬくもりの扉”にもお立寄りくださいませ。
宜しくお願いいたします。
posted by sasaki at 13:34| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

山中湖の不思議な建物

2010.09 069.jpg
山中湖に不思議で可愛いレストランを・・・と、ご依頼をいただき構想から6年の歳月を経てついに完成しました。
三次元曲線を多用した可愛いフォルム。


2010.09 085.jpg
入口部のトイの造形。


2010.09 096.jpg
内部も同様三次元の造形で仕上げました。


2010.09 052.jpg
木の部屋もあります。


2010.06.10 063.jpg
夜のライトアップ。更に、不思議な世界となります。


2010.06.10 042.jpg
暖かな光が建物を包みます。



不思議で可愛い建物、とても美味しいお料理とワイン。そして、なによりオーナーご夫妻の暖かいサービス。ぜひ皆様体感してみてください。

posted by sasaki at 16:35| 建築 | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

北原コレクションの北原氏ご来店

先日、ブリキのおもちゃ他世界的コレクター北原コレクションの北原氏が、弊社“ぬくもりの森”へお立ち寄りくださいました。

浜松へ講演にいらした際、時間の無い中わざわざプライベートでお越しくださり大変感謝しております。


まずは元々ガレージだったガレージケーキショップへご案内
_CGV2789.JPG


つづいて、雑貨のお店“ショップぬくもり工房”をご案内。
_CGV2796.JPG

_CGV2799.JPG


中庭にて。
_CGV2792.JPG

_CGV2785.JPG


水車小屋“お菓子の森”前テラスにてレストランを望む。
_CGV2805.JPG


レストラン・ギャラリー・・・とご案内し最後はガレージへ。
_CGV2817.JPG

_CGV2809.JPG

北原さんに比べれば私の集めた物はガラクタ同然ですが、「ぼくよりいい物持ってるね・・!」とお褒め??いただき大変恐縮です。

好きな事をとことん追求する北原さんの少年のような純粋なお人柄に尊敬と共に益々ファンになりました。

_CGV2811.JPG

お時間の無い中、1時間オーバーのお時間滞在されお話しをお聞きできた事は私にとってとても励みになった貴重な体験でした。
本当にありがとうございました。
posted by sasaki at 15:32| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。